ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング
ナックフィーディング
製品に関するご質問・申し込みなどはお気軽にお問い合わせください。
「お問い合わせフォーム」からのお問い合わせ。

ナックフィーディング

ナックフィーディング
お電話でのお問い合わせも受け付けております。
ナックフィーディング
【受付時間】
9:00~18:00
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
ナックフィーディング
ナックフィーディング
ナックフィーディング
ナックフィーディング
ナックフィーディング
ナックフィーディング
ナックフィーディング ナックフィーディング ナックフィーディング
ナックフィーディング

開発コンセプト

廃棄物を生まない理想の油水分離装置をめざして
●廃棄物を廃棄物にしない
従来、金属や機械加工をはじめ、加工工程分野の切削水や洗浄水などの油水分離装置といえば、単純に油と水を分 けて、少なくともいずれかを廃棄するということが目的でした。しかし、油と水を完全分離することができればい ずれも廃棄する必要はなくなり、環境保護と同時に大幅な資源の節約が可能となります。
●新たな廃棄物を生まない
理想的な完全分離ができたとしても、その過程において交換フィルターなどの新たな廃棄物を発生させては意味が ありません。「環境」と「資源」という時代の要請に応え、精度の高い油水分離と、消耗品としてのフィルターな ど新たな廃棄物を出さないシステム。
●新しい発想とテクノロジー
Pattolの油水分離の方式は、基本的には自然の重力で分離・ 浮上した水中の油分を水上面で回収する「浮上式」と呼ばれ る方式です。この最もシンプルな方式に、新しい発想と独自 のテクノロジーを加えたPattolのシステムは、数多くのテス トと改良、洗練の過程を経て、高精度で高効率な油水分離に 成功しました。シンプルな構造ゆえに、新たな廃棄物を生ま ず、耐久性やメンテナンス性、コスト面にも優れ、設置場所 をとらないコンパクトなシステムを実現したのです。
ナックフィーディング
愛知県豊田市内の整備工場での設置事例です。 自動車整備にご利用いただいており...
ナックフィーディング

現状油水分離技術についての比較表
名称 原理 特長 メンテナンス性 イニシャルコスト ランニングコスト 性能
ベルトスキマー ベルトに油を付着させ、スクレーパーで油分を掻き落す。 設置場所を取らず取り付けが容易であり安価である。油の性状により水も同時に排出されるので、分離油の含水率が高い。
ベルトの交換
×
コアレッサー フィルターにより油の粗粒化を行う。 1パスの除去率が高い。但しスラッジが多い装置には不向きである。
フィルターの交換作業 
×
電気式 マイナスに帯電している油粒子を電解により中和し、吸着成長し分離される。 微細油分に有効である。
フィルターの交換作業 
UF膜 UF膜に分離を行う。 エマルジョンの油分に対して非常に効果がある。分離油の混入する装置には不向き(油の付着により目つまりが起きる。)前処理を十分行う必要。透過流量が僅かである。 ×
膜は非常に高価
◎△
用途により効果高い
比重差分離 時間を掛けて比重差分離を行う。(別タンクを用意) 時間と場所が必要である。 ×
作業人員が必要になる。
Pattol シリーズ



■ 製品に関するご質問・申し込みなどはお気軽にお問い合わせください。

「お問い合わせフォーム」からのお問い合わせ。

ナックフィーディング
ナックフィーディング
お電話でのお問い合わせも受け付けております。

ナックフィーディング

【受付時間】
9:00~18:00(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)